社會に対する取り組み

地球規模での地域社會との共生を目指す

私たちニチリウ永瀬グループは、近所の身近な事から國境を越える事まで『総合力』を発揮して取組んでいます。

最近の事柄を挙げると、被災した仙臺市にグループ會社の拠點があったことも理由の一つですが、東日本大震災の折には全社を挙げて善意の義援金を募りました。

また、肥料や飼料を販売する先で採れた農畜産物を仕入れ、それを必要とするお客様に販売することや、 創業當時から中國との縁の深い當社が、グループの力を集結して推進している中國國內における日本型農産物栽培事業の確立と地産地消の定著化などは、 まさに私たちグループらしい「地域社會」との共生と申せましょう。

<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>