トップメッセージ

當社は農業資材?家庭園蕓用品?飼肥料原料を中核商品として取扱う専門商社です。

1996年(平成8年)から現在まで13の會社と外部の1つの部門が未來を見據え手を組み企業グループを形成しました。

またその間に、當社の事業領域の拡大を狙い新たに4つの子會社を設立しています。

その中には社會貢獻に資する企業でありたいと願い設立した會社もあります。

當社を中核とした第三セクター方式の國內初となる重度知的障礙者雇用を主目的とした工場であり、國內最大級の家庭園蕓肥料製造ラインを有する㈱サンアンドホープがそれです。

更なる障礙者雇用を促進するため為、業容拡大に努めております。

また、高い農業技術を武器に日本全國で高品質の農業資材を展開する㈱ジャットがあり、國內外から土壌分析や栽培指導で高い評価を得ています。

更に、有機質肥料?家庭園蕓用品?養殖業飼料のベースとなる魚粉の取扱高は國內有數であり、食用大豆の取扱高では九州トップクラスを誇る會社に成長しております。

このように當社は、各部門が業界の雄の立場にあり、それぞれが高い専門性を有し、且つ極めて広範囲の仕入れルートと得意先に支えられている企業グループなのです。

しかしながら時代は大きな変革を企業側に求めています。

日本は世界にも類を見ない人口減少國家となります。しかし國內のこれまでの事業モデルの數多は人口が拡大していくことが前提となっています。従いまして國內市場だけを眺めますと、今後企業數の減少は廃業を含め間違いなく加速する事でしょう。その中で、事業継続を目指すためにもM&Aが更に盛んになる事は當然と認識せざるをえません。

一方世界はというと100億の人口に向けてまっしぐらです。

今までの當たり前はもはや通用しないと言って過言ではないでしょう。

當社のカバーする事業領域及び事業形態も間違いなくその範疇に値します。

では、どう戦うか!

當社の特色をキーワード表記すると「食」?「癒し」?「農業」?「安全?安心」という切口が浮かび上がります。つまりは「暮し」です。

未來の暮しの在り方を想像し、當社と共にあるメーカー及び外部団體がそれぞれ有するリソースの活用術を創造しフィッティングさせ共創する。

更に日本國內に捕らわれず、視野を広く持つこと。

當社の変革のキーポイントは、正にここにあります。

既に海外においては、大規模な直営農場を設立し、青果物を様々な企業と連攜の上ブランディング化し、地域全體の農業従事者の底上げを地方政府と組んで展開しております。

正にそこに活かされている當社の価値は農業技術と資材です。海外に日本の安全?安心?美味いを伝え、その価値で地域と共存するという活動を進めております。

當社は、既存事業の基盤を発展的に強固にしていく事をベースに、企業內外の寶の山をコンバインし、新たな暮しを切り開くイノベートカンパニーとして皆様の更なるお役に立ちたいと考えています。

これからもどうぞ、新しいニチリウ永瀬グループの挑戦にご期待ください。

代表取締役社長 武谷 俊一

會社パンフレット(PDF)はこちら
<蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>